ウェットタイプ

ドッグフードの低アレルギー対策

ドッグフードをいつもと違うものにしようと思う時はどのような時でしょうか。
成長期によってドッグフードを変える必要がありますが、それ以外では愛犬の体調の変化によって変える必要があります。
ここ最近とても増えてきているのが、愛犬のアレルギー症状です。
かゆみを訴えるしぐさが増えたり、皮膚がはれ上がったり、下痢が続くといった体調の変化があった場合は、食物性アレルギーを疑いましょう。

食物性アレルギーを発症した場合、ドッグフードの原材料を見直しましょう。
原材料の中でも、大豆や小麦といった植物性タンパク質はアレルギーが発症しやすいのが特徴です。
また酸化防止や長期保存を目的とした添加物も、体内に悪影響があるためアレルギー反応が出てしまう場合があります。

このような食物アレルギーの場合は、低アレルギーのドッグフードを活用しましょう。
低アレルギーのドッグフードでは、良質な動物性のたんぱく質が使用されています。
動物性のたんぱく質の中でもラム肉とシカの肉がアレルギーが出にくいといわれています。
これらの原材料を使用したドッグフードを選択するようにしましょう。

それと同時に無添加のドッグフードにも注目しましょう。
添加物が使用されていないものは、賞味期限が短いものが多いです。
なるべく新鮮な状態を保ち、早めに食べさせてあげるようにしましょう。

このページの先頭へ