ウェットタイプ

ドッグフードを活用して食物アレルギー予防

最近では愛犬に深刻な問題をかける場合があります。
その一つに食物アレルギーがあります。
犬の場合はしゃべることができない分、体調の変化をちゃんと見ておかなくてはいけません。

愛犬の食物アレルギーの症状としては、皮膚が荒れる、かゆみがあるために体をこすりつけることが増える、下痢などがあります。
これらの症状が重なった時は、食物アレルギーを疑いましょう。

食物アレルギー対策はもちろんですが、今ではドッグフードを変えることで食物アレルギーを改善させることもできます。
アレルギーを軽減させる効果があるドッグフードは、その他のものとどのような違いがあるのでしょうか。

まずアレルギーになる原因として、原材料に小麦などの植物性のたんぱく質が使用されている可能性が高いです。
アレルギー対策のドッグフードは、アレルギーが出にくいラム肉やシカの肉を使用されています。
また添加物が含まれていると、アレルギーが起きやすい場合もあるので、無添加のものが多いです。

これらの条件を満たしているものは、低アレルギードッグフードとして販売されていることが多いです。
このようなドッグフードを選ぶことで、アレルギーの発症を抑え、体質改善にもつながります。

このページの先頭へ