ウェットタイプ

穀物不使用のドッグフード

ドッグフードは価格帯が大きく差のある商品です。
それは安いドッグフードの需要もあるため、コストを抑えた商品が販売されています。
コストを抑えるために、主な原材料として使用されているのが穀物類です。

具体的には大豆や小麦やトウモロコシなどが穀物として多く使用されています。
なぜなら犬にとって、たんぱく質は人間の何倍も必要な動物だからです。
なのでドッグフードに含まれる栄養素も、たんぱく質が豊富になっています。

本来肉食なのでドッグフードには動物性のたんぱく質が必要です。
しかし肉類はコストが高いため、植物性たんぱく質に目が向けられました。
原材料を見てみると、穀物を原材料として作られているドッグフードがたくさん販売されています。

穀物を避けたほうがいい理由としては、アレルギーを発症しやすい場合が多いことです。
中でも小麦や大豆は人間でもアレルギー反応が出やすい食品です。
かゆみや皮膚の湿疹、下痢などの症状が発症してしまいます。

体内の消化も動物性よりも植物性の方が負担が多いため、腸が短い犬には向いていません。
そのほかにも穀物は血糖値をあげてしまうため、肥満になりやすく糖尿病や心筋梗塞などを発症しやすくなります。
これらのことから穀物不要のドッグフードも多く販売されるようになっています。
愛犬の健康を考えて、原材料で穀物不要なのかチェックするようにしましょう。

このページの先頭へ