ウェットタイプ

ウェットタイプのドッグフード

ドライフード以外で、人気があるドッグフードとしてウェットタイプのドッグフードがあります。
ウェットタイプの特徴は水分量が多いということです。
水分量は70%~75%含まれています。

そしてドライフードとの一番の違いは味です。
ドライフードに比べるとウェットフードの方がお肉や魚の素材や味付けがしっかりされています。
またドライフードに比べてとても柔らかいため、食べやすいのも特徴です。
顎にも負担がかからず楽に食べることができます。

そのほかにもウェットフードの場合、缶詰で販売されていることがほとんどです。
そのため開封しなければ保管期間が長く、管理も簡単だといえます。
このようなメリットからドッグフードhttp://dogfood.tokyo.jp/の一つとして人気が高まっています。

しかしメリットだけでなく、ウェットフードの問題点もあります。
それはウェットフードの方がおいしくて、ドライタイプを食べなくなってしまう場合が多いということです。
ドライフードを食べなくなると栄養素に偏りが出てしまいます

また柔らかいため、あごが弱くなったり、満腹感が少ないため食べ過ぎてカロリーオーバーになってしまうことが多いです。
柔らかいために歯に歯石がつきやすく、口内トラブルになりやすいです。


このページの先頭へ