ウェットタイプ

ドッグフードの原材料について

ドッグフードは、愛犬の体を作るためにとても重要な栄養素です。
必要な時期に必要な栄養素をしっかり吸収しなくてはいけません。
ドッグフードを選ぶ際に、何を基準にして選ぶといいのでしょうか。

ドッグフードを選ぶ際に、一番重要なのがドッグフードの原料です。
ドッグフードは安価なものから高価なものまで幅広く販売されています。
このような価格の違いが生まれるのは、コストの違いが一番の原因といえます。

まず大きくコストの違いが出てくるのが、植物性たんぱく質か動物性たんぱく質の違いです。
犬は人間より何倍も多くのたんぱく質が必要な生き物です。
そのため良質なたんぱく質を摂取することが、体を作りあげるためにはとても重要です。

安価なドッグフードほどコストが低い小麦やトウモロコシや大豆といった植物性たんぱく質が使用されています。
高価な物は、ラム肉やシカ肉など具体的な肉が記されている動物性たんぱく質になります。

また、添加物の有無もドッグフードを選ぶ際には重要です。
ドッグフードの中には長期保存ができるものと短期間で食べきらなくてはいけないものに分かれます。
長期間保存できるものは、酸化防腐剤や保存目的とした添加物が使用されています。
今では無添加のドッグフードがとても増えてきていて、種類も豊富になっています。
愛犬に負担が少ないものを選ぶためには原材料をしっかり把握する必要があります。

このページの先頭へ