ウェットタイプ

ドッグフードの4Dについて

ドッグフードの中には4Dミートと呼ばれる粗悪な肉を使用している場合があります。
ドッグフードの4Dミートに関しては、アルファベットのDから始まる単語で4つのものを指します。
一つ目は、DeadのDで死んでいる動物を指します。
二つ目は、DyingのDで死にかけている動物のことを指します。
三つ目は、DiseasedのDで病気をしている動物のことを指します。
四つ目は、DisabledのDでけがをしてる動物のことを指します。
これらの単語の頭文字のDをとって、4Dミートと呼ばれています。

ネットなどで4Dミートの画像などが出ていますが、とても衝撃的な映像です。
とても安全性も感じられず、見たら愛犬に食べさせたくないと感じるような原材料です。
しかしこの4Dミートは、原材料にそのまま記載されているわけではありません。
原材料は肉類を使用していても、他の商品と比べて価格が安価すぎる商品に4Dミートを使用している場合があります。

4Dミートは、食肉にはならず捨てられるべきものなので、コストがとても安いのが特徴です。
コストが安い商品ほど、店頭でも安く販売することが可能になります。
日本でも4Dミートを使用していたことが問題になったことがあり、ドッグフードの質に対して疑問視されるようになりました。
飼い主の見極めが、愛犬たちの健康や安全を守ることにつながります。

このページの先頭へ